FC2ブログ

衝撃だったトイレットペーパー

2019.08.31 (Sat)

8月が終わろうとしている。 早いなぁ。

最近はブログの更新が滞りがちで、前回の投稿から1か月経ってしまった。

この1か月、お盆があった。娘が2週間ほど帰省した。

あとは何していたっけ?




BIBI2.png




いつも日曜日には、お義母さんが入所しているグループホームへ行く。

今月は娘が帰って来た日と、戻る日にもホームへ行ったし

お盆にはお義母さんを連れだして一緒にお墓参りもして

夕方までウチのマンションで過ごしてもらい

ホームでの面会よりも長い時間を一緒に過ごしたというのに

先週の日曜日にホームへ行った時にお義母さんは

「それで、あの人は誰なの?」

と私に質問し、トイレへ立った夫のことを指差した。

少し前から似たようなことはあったけれど、なんだかちょっと違う。




それに、あきらかに進んでいると思えたことがもうひとつ。

内科と耳鼻科のはしごをした時のこと。

病院のトイレを拝借した後

「これはどうしたらいいの?」

と、用を足した時に使ったトイレットペーパーを手に持って出てきた。

おそらく外出したことで、しかも、ちょっとした緊張を伴う医者のはしごという

普段にはない行動のせいで混乱が生じたんだと思う。



それにしても・・・

予想もしていなかったトイレットペーパーの件には衝撃を受けた。

もしも自分が認知症になって、そんなことまで忘れてしまうのは怖いな。




お義母さんにとって、いつもと違う非日常が影響しているのはわかっている。

長い時間の外出は、私たち家族と過ごす時間が増えるけど

逆に混乱の元になっているということは、私と夫の共通認識。

お墓参りの後、マンションには夫の弟夫婦もやって来た。

だからなおさら混乱したのかもしれない。



夫の弟さんはホームへ全然、まったく行かない。

彼がお義母さんと会うのは

お盆とお正月に、このマンションにお義母さんを連れてきた時だけ。



仕事が忙しいとか、夜勤勤務もあって時間が不規則とか、疲れているとか・・・

お義母さんに会いに行かない理由すら、弟さんはまったく言わない。

「たまには会いに行ってあげて」

なーんて、私はもう言わないことにしている。

もうとっくにあきらめた。



それにお義母さんは

一緒にいない息子たちに対しての愛着など

とっくに無くなっているしね。






      気が向いたらポチポチっと押してねー
   201410291629043b5.png にほんブログ村 猫ブログへ



関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://tansippo.blog.fc2.com/tb.php/291-9cf11726
トラックバック
コメント
紹介

言霊 言霊学・コトタマノマナビ
辻 | 2019.09.08 20:54 | 編集
ご訪問ありがとうございます♪
短しっぽ | 2019.09.15 23:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top